お助けキッチン365とは

かんたん調理でおいしく

 

低栄養改善プラス

 

これからの介護施設に必要な食事サービスです

特徴

介護施設専用

小規模施設に便利

かんたん調理

主菜のほとんどは解凍のみで完成

低栄養改善

たんぱく質重視

"食べやすさ"にこだわった開発


施設の食事でこんな悩みありませんか?

スタッフが忙しすぎる

食数発注とかんたん調理で解決

お助けキッチン365は「3タン(時短・簡単・工程短縮)」がポイント。

発注は発注書に食数を記入してFAXするだけ。

調理では温菜は湯せん、冷菜は解凍して調味するだけで食事が作れます。

人手不足が特に深刻な医療・介護施設にとって、スタッフのことを考えた「使いやすさファースト」の商品で、業務の軽減を実現します。


食材・人件費が高騰

作業短縮と水光熱費削減で解決

調理済商品の利用で調理作業が簡単になり、食材洗浄の作業も不要になるため、水光熱費の削減にも貢献します。


小規模施設で対応できる業者が少ない

「注文は5人分から」で解決

注文単位は1週間。

食数は毎食5人分から注文できるので、小規模の介護施設や、オープン直後で利用者様が少ない時期でもご利用できます。


お助けキッチン365で "1歩先の栄養管理" を


食事摂取基準の新テーマは高齢者

高齢者の栄養問題「低栄養」。フレイル(虚弱)を増悪させる中心要因になっています。中でもタンパク質不足は筋力低下を招き、フレイル進行に大きな影響を与えます。

2020年度から運用が始まる「日本人の食事摂取基準」では、この現状と健康寿命の延伸を目的に、高齢者のタンパク質摂取基準が改訂されました。

お助けキッチン365は本基準を指針に、必要な栄養が充足する献立を作成しています。

 


しっかり食べて栄養摂取

他社商品と比較すると、主菜も副菜も1品1品にボリュームがあるのが特徴です。

高齢者は食が細くなるからと「食べきりサイズ」を強調して1品の盛付量の少ない商品も見かけます。

お助けキッチン365は「しっかり食べて栄養を摂取」という食事の基本を大切にしています。


介護食作り30年の知恵で食べやすさを実現

噛む飲む力が弱い高齢者に、しっかり食べてもらうためには「食べやすい食事」であることが必要です。介護施設給食の受託から始まった当社の介護食作りも30年を超え、これまでに蓄積された食材の処理方法や味付けや調理製法など、さまざまなノウハウが詰まってできた商品がお助けキッチン365です。

「いつでも・いつまでもおいしく食べる」ことができる食事を目指しています。



ご利用までの流れ

STEP1:相談

  • まずは相談の方
  • サンプル希望の方


STEP2:利用申し込み

  • 弊社から利用申込書を送付/御社から返送
  • 会員様専用Webサイトのアカウントを通知します

STEP3:商品注文

  • 商品は次の3つから選択
  1.  朝・昼・夕(3食/日)
  2.  昼・夕(2食/日)
  3.  昼のみ(1食/日)
   ※献立での注文になります  ※朝食のみのご利用は不可
  • 食数を書いた注文書をFAX、または専用WEBサイト上で発注
  • 5名分から注文可能


STEP4:納品

  • 週2回クール冷凍便で納品
    (納品回数は食数により異なります)
  • 到着後は冷凍庫で保管


STEP5:食事提供

  • 調理マニュアルにそって調理・盛付する
    (会員専用Webサイトで公開)

よくある質問